18.12.11

世界に一つだけの花

世界に一つだけの花 The only flower in the world
























During my first visit to Japan in 2008, my Japanese teacher at Niigata University played this song during class where we studied the lyrics and was told it was one of the most well-known songs in Japan.

Not only do I like the song but also find the lyrics to be relevant and meaningful.

作詞槇原敬之 
作曲槇原敬之



No.1にならなくてもいい
もともと特別な Only one

花屋の店先に並んだ
いろんな花をみていた
ひとそれぞれ好みはあるけど
どれもみんなきれいだね
この中で誰が一番だなんて
争う事もしないで
バケツの中誇らしげに
しゃんと胸を張っている

それなのに僕ら人間は
どうしてこうも比べたがる?
一人一人違うのにその中で
一番になりたがる?

そうさ 僕らは
世界に一つだけの花
一人一人違う種を持つ
その花を咲かせることだけに
一生懸命になればいい


困ったように笑いながら
ずっと迷ってる人がいる
頑張って咲いた花はどれも
きれいだから仕方ないね
やっと店から出てきた
その人が抱えていた
色とりどりの花束と
うれしそうな横顔

名前も知らなかったけれど
あの日僕に笑顔をくれた
誰も気づかないような場所で
咲いていた花のように

そうさ 僕らも
世界に一つだけの花
一人一人違う種を持つ
その花を咲かせることだけに
一生懸命になればいい


小さい花や大きな花
一つとして同じものはないから
No.1にならなくてもいい
もともと特別な Only one

No comments:

Post a comment

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...